薄毛に向かう兆候は10代後半から現れます

薄毛対策は出来るだけ早く

MENU

薄毛に向かう兆候は、10代後半から現れます

親類の中に、薄毛やハゲの人はいない状況の中で、自分が薄毛になるとは思っていませんでした。

 

今思えば、10代後半から「おかしいな」と思ったことが度々ありました。たとえば、おでこの髪の生え際は太い髪の毛が生えるのに、頭頂部の髪質は細く、スタイルを整えるのに苦労していました。

 

また、朝起きると髪の毛が大量に落ちていたり、特に入院生活をしたとき、白いシーツの上にたくさんの抜け毛がありました。

 

病気で、入浴もまままらない状況でしたので、頭皮が汚れて抜けやすくなったと、勝手に結論づけて「一過性の現象」と思っていました。就職した後も、ストレスが強いから抜けるのだと思い込み、自分の体質のことを考えたこともありませんでした。

 

薄毛は、現在の薬の進歩などがあり、早い段階から意識して対応すれば、その進行を止めたり遅らせたりすることが可能だと思います。薬を選択するには、自分の頭皮の状況を適切に判断してもらうことが必要です。

 

私は、その指導をサービスで行っている床屋に出会い、必要なアドバイスを受けて来ました。薄毛専門の業者も多数ありますので、利用してみることをおすすめします。